キャッシングの仕組みやルールはどうなっているの?

キャッシングとは簡単に言ってしまえば、銀行や金融業者からお金を借りることです。
キャッシングカードやローンカードを利用してATMでお金を借りたり、ネットでお金を借りる事が出来ます。 

キャッシングは誰でも利用出来る訳ではなく、年齢制限があり、その他の項目をクリアして審査に通過しなければ資格を得る事は出来ません。

またキャッシングをする時に注意しなければいけないのが金利となります。
業者によって無利息期間というものがありますが、基本的にキャッシングは金利が発生するものです。

つまり10万円を借りたからといって10万円を返済すれば良いという訳ではありません。
借りた元金に金利をプラスして返済をしていかなければいけません。

金利は業者によって異なり、一般的には金融業者より銀行の方が金利が低いと言われています。
しかし、借入額によっても金利は変わってくるのでその辺りにも注意をする必要があります。

キャッシングにはカードローンと呼ばれるものもあり、以前はこの2つは返済方法の違いから区別されていました。
キャッシングは元金と金利を合わせた額を一括で返済し、カードローンへリボ払いによって返済をするというものです。

ですが、今ではキャッシングもリボルビング方式による返済が一般的となり両者の言葉が区別して使われることは殆どないと言えます。
ですから、キャッシングもカードローンも同様だと考えて問題はありません。

キャッシングで借りたお金は、ATMを利用して返済する事も出来ますし、口座引き落としでも返済する事が可能です。
またインターネットバンキングを利用して指定の口座へ振り込みにより返済する事も出来ます。

指定された日にちの前に返済する事も出来ますし、まとまったお金がある月には通常よりも多く返済しても問題はありません。
このように、キャッシングでは自分の都合に合わせた返済方法を選択する事が出来るのです。

キャッシングは、基本的にどんな事にお金を使うのかその利用方法は自由となっています。
例えば生活費が足りなくなった時や引っ越し費用としてなどでも、キャッシングを利用する事が出来ます。
ただし事業費用としては、利用出来ないことが殆どなので注意をしましょう。

キャッシングはCMなどの影響もあり、年々利用者が増加している傾向にあります。
キャッシング仕組みを知り、無理のない範囲で利用する分にはトラブルも起こらずピンチの時の強い味方となってくれるはずです。

どこのキャッシングサービスを利用するかも大切ですが、それ以上に自分の中で上限を決め計画的に返済出来るように心掛ける事が最も重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です