債務を一本化できる「おまとめローン」とは

キャッシングを頻繁に利用する人のなかには、多くのキャッシング業者からの債務を抱えている、いわゆる多重債務状態になっている人も多いでしょう。返済日もバラバラで、常に返済に追われているような状態で落ち着かないこともあるかもしれませんね。そういう人が利用するのが「おまとめローン」です。債務を特定の金融機関に一本化してしまうことで返済の負担を減らそうというものです。

おまとめローンのメリットは、それまで分散していた返済日がひとつになるということです。月に何度も返済日がある状況と比較すると、月に1度だけなら精神的な負担が小さいですし、返済日が決まっていれば「この日までにどれだけ用意すればいいか」という計算も一度ですむわけですから、返済計画も立てやすくなるのです。

また、利息が下がるケースが多いというのもメリットです。もちろん利率の低い業者を選ぶ必要はありますが、業者の選び方次第では月々の返済額を減らせる可能性が高いのです。少しでも返済額が下がれば、生活への負担も小さくなることは間違いありません。
返済日も返済額も減らせるのならメリットばかりではないかと思う方もいるでしょうが、実際にはデメリットもあります。まずは借換額は現状の元本になりますので、債務整理に比べて支払額が増える可能性があるということです。債務整理をした場合には、いわゆるグレーゾーン金利に当たる部分については元本を減らす、つまり融資額自体を減らすことも可能なのですが、借り換えてしまうとこれはできません。過払いになっている可能性がある業者には、すでに全額返済している形になってしまっているからです。

また、多重債務者で返済が滞りがちなケースだと、おまとめローンを組もうにもそもそも審査が通らなかったり、審査が通っても利率が下がらないというケースもあるのです。キャッシング業者としても金融事故を起こす可能性のある顧客に対して厳しくなるのは致し方のないことなのです。
また、「おまとめローン」を騙った詐欺が横行しているのも問題です。消費者金融にお金を借りさせて、そのお金を「信用会社に送ってほしい」といって郵送させ、詐取するなどの手口が知られています。こういう最悪の事態は避けたいところですね。
このように「おまとめローン」にはメリットもデメリットもあります。もしあなたが多重債務に悩んでおられるのなら、おまとめローンを取り扱っている業者を調べて、金利を比較したうえで信用できるところで借りた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です