消費者金融の金利はだいたい18%

消費者金利の金利はだいたいどのくらいなのでしょうか。これはだいたい18%と考えておけば間違いないでしょう。これは要するに法律上最大の金利なのですが、それを下回るということはまずないということです。もちろん、宣伝では、最低の金利というのも書かれております。それは4%台だったりもするのですが、こういうのは書かれているだけと考えた方がいいでしょう。ネット上の口コミなどを参照してみましても、ほとんど例外なくこのような金利で貸し出されているようです。

ここで法律上の規定について申し上げます。貸金業法によりますと、10万円未満については、最大20%、100万円未満については、最大18%、100万円以上については、最大15%の金利となっております。100万円以上を消費者金融で借り入れるということは、現在では総量規制(年収の三分の一までしか貸し出すことができないという規制)が行われておりますので、まずないと思われます。従って、100万円未満を借りていると考えられますから、消費者金融の金利はだいたい18%であると考えておけばいいわけです。もちろん、10万円未満借りれば、もうちょっと金利が上がってきますが、このような額を借りられる人というのはそれほどいないようです。そのくらいであれば消費者金融から借りなくても、友人などから工面できるからではないでしょうか。

この18%という金利について、高いように感じられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、かつてはグレーゾーンというものがあり、もっと高い金利で消費者金融は貸し出しを行っておりました。このグレーゾーンにおける貸し出しについては、最高裁判決で違法な貸し出しということにされてしまい、膨大な過払い金請求が発生したというのは記憶に新しいところです。ですから、18%というのでも、かつてと比べて消費者金融にとっては低い金利なのであり、これよりも引き下げるというのがちょっと考えにくいというのはお分かりいただけるのではないでしょうか。

もちろん、18%より金利を引き下げるように交渉することはできますが、消費者金融がこれに応じるということは、まずないのではないかと思われます。また、当初は100万円未満借りていて、その後借入額が100万円以上になったときでも、金利は15%に引き下がることになります。しかし、このような例外的な場合でしか、金利が18%を切ることはないと考えておいた方がよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です